読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタケノコのブロゴ

世界的ムーヴメントを引き起こしつつあるTwitter小説ニンジャスレイヤーを世に広めつつニンジャ真実に迫り、ついでに1000DHNJSPをゲットするブログス

お前たちはイベントで鍛えなおせ

 よく来たな。俺はジョン・スパイラル=グッドスターだ。俺は今、メキシコにてきおうしたエミヤなどを倒し、推理を終えてドリトスとコロナビールで一服しているところだ。

 はじめに確認する。お前は、さいしょの記事を読んだか?そして、ダビデを育てたか?どちらかがNOなら、おとなしくお前のメキシコへかえれ。お前にはまだ、なすべきことがあるだろう。

 そうでないなら、この記事をよめ。もしくはドリトスを買え。俺は書かねばならない文章がたくさんあるが、とくべつに書いた。だが恐らくは、これが最後だろう。

 

 お前は、既にたくさんのサーヴァントを持っている筈だ。サーヴァントはガチャという名のロシアンルーレットによって生まれ、そしてメキシコで種火を食べてつよくなる。とてもタフな奴らだ。だが、それだけでは限界があることも、お前は知っているはずだ。

 だから、お前はチョー強いフレンドを使う。そして、どんなバンデラスでも、一人ではげんかいがある。だが、隣にサイドキックとかハッカーとかそういうやつを並べると、かんぜんに無敵になる。そして、いざとなったら、お前はドリトスを食べる。これでお前はメキシコでも生きていけるはずだ。

 しかし、お前はいつまでもフレンドにたよっていてはいけない。フレンドは、打算と裏切りがしはいするメキシコのタフなせんしだ。いつかは、ガチャほじょ券を吐き出さなくなったお前のもとから去っていくかもしれないのだ。

 

 なら、お前はおのれの力をきたえるしかない。じぶんのサーヴァントを育て、メキシコを生き抜いていくしか無い。そう、そのために必要なのは「霊基再臨」、「スキル強化」……そういったものだ。ほかにもいたいけな小動物とか、金色のラバーカップとかそういうのもあるが、割愛する。Siriにでも聞け。

 但し、「スキル強化」は一度忘れろ。お前にはまだはやい。まずは「霊基再臨」からだ。「霊基再臨」は、たとえていえば映画のぞくへんのようなものだ。コナン・ザ・グレートのような偉大な作品の後には、必ず続編が生まれる。ゲーム・オブ・スローンズもシーズン6まである。huluで見て見るといい。

 続編が生まれることで、主人公の見た目が変わったり、新しい物語が生まれたり、登場人物が増えたりする。サーヴァントの場合も、ステータス上限が上がったり、スキルが増えたり、色々なクエストがプレイできるようになり、クリアするとだいたいタフになる。

 ただし、続編が期待通りとは限らない。キャストが交代していたり、何かのじゃあくな力のせいで、タフな男の生き様が全年齢モンスター腰抜け冒険ファンタジーになっていることも十分に有り得る。これは、だいたい霊基再臨の2回めにあたる。但し、ゲーム・オブ・スローンズについては今のところあんしんしていい。

 再臨の1回めは、だいたい何とかなる。2回めは、お前がしんちょうに素材を貯めていれば、何とかなるかもしれない(しかし特にスキルや見た目が変わるわけではない)。とにかく、続編の2が面白いとか、3のほうが面白いとか、エピソード1にジャージャービンクスが出るだとか、そういうのはサーヴァントによって違うので、どこまで再臨を進めるかはお前しだいだ。

  再臨は4回で終わる。最後の再臨で、お前は戦い抜いたサーヴァントの姿を知ることになる。これはみだりに人に見せてはいけない。誰も居ないバーで静かにテキーラを楽しむように、己だけに秘めていけ。むいみに見せびらかす奴は腰抜けだ。そしてお前は、テキーラやアルパカワインなどをかたむけながら、忘れていたスキル強化のことをようやく思い出すだろう。

 

 スキル強化は、はっきり言えば地味だ。お前が楽しみにしているようなサーヴァントのあたらしいグラフィックやボイスもない。そのくせ、再臨とは比べ物にならないほど多くの素材とQP(ケサディーヤのことだと思う。チョーウマイ)を吸い上げる。

 そこで止めるのは自由だ。確かに、スキル上げはあまり重要ではないかもしれない。それでも、俺はスキルを上げることには価値があると思っている。そして事実、スキルを上げることで、使い勝手が大きく変わるサーヴァントも居る。

 なぜかといえば、スキルを上げると、スキルの使用待ち時間が減るのだ。例えば、レベル1で待ち時間8ターンのスキルは、レベル10では6ターンになる。これは、実はスキルの効果が1.3倍になったのと同じことなのだ。もとの待ち時間が短いやつほど、効果は大きい。もとが6ターンなら、1.5倍だ。

 更にレベルを上げるとスキル自体の効果も上がるので、実際には2倍くらいの強さになる。これが3つとなると、6倍とか8倍になるのだ。だから、スキルレベル1と10のサーヴァントを比べると、明らかに使い勝手が違う。但し、死ぬほど素材が要るので、よく考えて上げろ。俺から言えるのは、それだけだ。

 

 それから、最近になってFGOにはジュークボックスみたいな機能がじっそうされたが、これは巧妙なわなだ。なにせ、バジル・ポールドゥリスの曲が一つも入っていない。そして、ジュークボックスなので一曲ごとに代金をようきゅうしてくる。これは時にスキル強化以上にきょうあくなので、決して手を出してはいけない。手を出すくらいなら、サントラを買え。遥かに安上がりだ。

 

 再臨やスキル強化をしていると、当然素材が足りなくなってくる。少しだけ賢くなったお前は、スマッホでSiriとかに聞いて必要な素材を落とす敵が出るクエストを調べ、そこへ突撃しようとするだろう。しかしそれは、3日いないにサーヴァントを再臨しないと病気の妹が死ぬとか、AP(何の略かはじぶんで考えろ)が余って仕方ないとか、そういう状況でもない限り、あまり賢い選択ではない。

 

 FGOでは時々、あるいは頻繁にイベントがある。FGOのイベントはとてもタフにできているので、毎回おおくのマスターがニューロンを焼かれて死ぬことでゆうめいだ。イベントクエストはFGOというメキシコの中のさらにメキシコである街、つまりはメキシコシティだ。

  メキシコシティに足を踏み入れたら、世界を救うことは一度忘れろ。他のクエストにも手をだすな。お前は、ぜんりょくで真なるメキシコを生き延び、全てを持ち帰らねばならい。一ぷん一びょうが惜しい。

  イベントのメキシコは、いわばゴールドラッシュ状態にある。普段は10かいクエストを回してようやく手に入ったり入らなかったりする素材が、パンプキンやくつ下などを集めるだけで確実に手に入る。バーゲンセールだ。だから、イベントのクエストは全力で回せ。

  だが、まずは落ち着いて、イベント礼装を交換しろ。周回こうりつが上がるからだ。そして、クエストは時間がある時に回せるだけ回せ。APが足りないならドリトスをつかえ。イベント最終日近くには高いこうりつのクエストが追加されることはあるが、それまで指を咥えて時間を無駄にする必要はない。お前の時間は、APやドリトスより希少だ。とにかく回せ。

  そして、お前は今足りない素材をあつめたからといって、イベントを止めて世界を救おうとしてはいけない。てきとうなサーヴァントを再臨させたからといって油断し、イベントの手を休めた愚かなお前は、近い将来必ずメキシコの路地裏にむざんな骸をさらすことになる。

 時間が許す限り、イベントを回し続けろ。何故なら、お前はどうせそのうちガチャをまわすからだ。ガチャを回してサーヴァントが出れば、必ず素材がひつようになる。そうなってから嘆いても、全ては遅い。お前は素材を集めに赴いたフリークエストで心をうしない、帰らぬ人となるのだろう。

 

 イベントは、兎に角いそいでやれ。そして、ゲーム・オブ・スローンズを見ろ。それが、俺の言いたいことだ。