読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタケノコのブロゴ

世界的ムーヴメントを引き起こしつつあるTwitter小説ニンジャスレイヤーを世に広めつつニンジャ真実に迫り、ついでに1000DHNJSPをゲットするブログス

これからFGOをはじめるお前がすべきこと

 よく来たな。俺はジョン・スパイラル=グッドスターだ。世間ではnoteとかそういう新メディアが持て囃されているが、新しいからと言ってよく考えずにそういうメキシコのジャングルに足を踏み入れる者は、ジャガーによってニューロンを焼かれて死ぬ。俺も死にそうになった。

 そこで、少しでもメキシコを和らげるために、俺はFGOというゲームについて解説することにした。FGOが何かというせつめいはここではしない。時間のムダだからだ。

 ただ、一言だけ言うならお前は、がっこうで歴史の授業を寝て過ごす代わりに、落書きしていた教科書のアワレな被害者たちと一緒にせかいを救うことになる。タイムリミットは2016年いっぱいだ。

 

 お前がすることは、2つだけだ。「フレンドを作る」。「クエストを走る」。「種火をつかう」。3つだけだ。

 まず、なには無くともフレンドをつくれ。このゲームは、チョー強いフレンドがいればほとんどのクエストがクリアできるようになっている。サーヴァント(メキシコで闘うせんしのことだ)のなかでも、牛っぽいマークのついた、ムキムキでおっぱいのデカいベイブ(メイヴではない)や、斧を持った腰ミノの原始人、フードを被ったゴジラみたいなやつなんかをフレンドにすれば、大まかに言ってだいじょうぶだ。

 この他に、やたらに台詞が長い子安や和服のけんしなどもとても頼りになるが、割愛する。

 ちなみに、フレンド申請するときは、なるべく持てるだけのサーヴァントを並べておけ。自分のせんりょくを相手に見せつけるのだ。ナメられるとフレンドをきられて死ぬ。

 

 そして、フレンドができたら、クエストを走れ。フレンドと自分のサーヴァントをならべてじゃあくなワイバーンをほろぼし、シナリオを進めるのだ。シナリオには、様々な出会いとわかれがある。それがお前やマシュ(ゲームをはじめてもれなくついてくる後輩だ)をタフにしていく。

 シナリオがクリアできなくなってきたら、カルデアゲートから「種火集め」を選んで、ひたすら回って種火を集めろ。このゲームで一番手っ取り早くサーヴァントをつよくする方法は、ガチャを回すことではなく種火をあつめることだからだ。

 ガチャをまわすつもりで種火を回せ。できれば一番むずかしいやつだ。取った種火は、すぐさまサーヴァントに使え。「お金かかるしとっておこう」などと種火をケチると、ロンドンでバベッジに苦しめられることになる。迅速に使え。そして、ガチャを回す石は、来るべきときまでとっておくといい。別に石をとっておいても災いを齎すことはないので、火山の火口に投げ込む必要はない。災いを呼ぶのは、いつだって意志のよわさだ。

 

 しかし、お前はガチャの欲求に耐えられず、ガチャをまわしてしまうだろう。シナリオ中で「次は、君のサーヴァントとしてたたかいたい」などと言ってくるやつらに釣られて、石をつかう方のガチャを回してしまうのだ。

 もしくは、石を使わない方のガチャではほとんどタフガイと声が子安のショタしか出ないことに気付き、己のこころの弱さによって石をつかうガチャを回してしまうのだ。

 そのうちお前のカルデアにはサーヴァントがあふれ、どれから育てていいかわからなくなるだろう。お前が招いた結末だ。だが、恥じることはない。誰もが通る道だ。

 だから、俺は誰を育てていけばいいか、こっそり教えてやる。

①好みのヤツ

 育てたいと思ったヤツがいるなら、そいつから育てるといい。特に何も言うことはない。

 もんだいは、そういうヤツがいない場合だ。うんめいの相手がいなくても、お前は当面世界を救わなくてはならない。そしてお前のカルデアはまだ貧弱なので、一番だいじなのはフレンドのサーヴァントを活かすことだ。

 

②マシュ

 後輩は、マスターと一緒にタフになり、メキシコへ適応していく。つよくなっていく。だから、まずいちばんに種火をやれ。他に育てたいヤツがいるなら、残り物でもいい。彼女は、決して裏切らない。ただし、絆は上がらない。

③金色のやつ

 枠が金色のサーヴァントは、レアリティが高い。FGOはソシャゲなので、なんだかんだ言って、レア度が高いやつはシンプルにつよい。これはメキシコの真理だ。

 とくに、イベント(たまにニューロンがばくはつする)で貰った金色のやつは、何を置いても育てろ。ガチャを回さなくても、確実に強くなるからだ。

④味方を守れるやつ

 金色のサーヴァントがとりあえず育ったら(フレンドが強いなら育つ前でも)、つぎに考えるのは「フレンドをどうやってタフにするか」だ。だから、まずは敵のこうげきを自分に引き付けたり、味方を守ったりするやつを育てるのが手っ取り早い。

 具体的には、味方に「回避」を付与したり、敵の攻撃を集めたりするやつだ。それから、味方が生き延びればそれだけフレンドに攻撃が当たらなくなるので、しぶといやつもいい。

 このあたりでは、ゲオルギウス(剣を持ってる鎧のライダー)、ダビデ(杖で殴るアーチャー)、風魔小太郎(ニンジャ)、レオニダス(盾を持っている)、弁慶(弁慶)がいい。

 それから、クー・フーリン(どれでもいい)、ジャガーマン、俵を持ってる人も、回避が持続するのでおすすめだ。ほかにも回避やガッツを持っているサーヴァントはいるし、概念礼装(パワーアップそうび)の「葦の海」を使えば、どんなサーヴァントでも1かいは盾になれる。

⑤味方を強くするやつ

 確かに、1ターン生き延びられれば、敵を一回多く殴れるかもしれない。

 しかし、FGOはコマンドオーダーバトルなので、ひん弱なカルデアではフレンド以外のカードで殴ってもたいしてダメージは出ない。そして、鯖が3人生きていると、フレンドのカードを選べるのは、最大でも9枚中5まいでしかない。

 しかも、それはけっこうなわりあいで偏る。つまり、「どうやって限られた機会でダメージをだすか」もだいじだ。それに、ターンが増えると戦闘が長引く。飽きっぽいお前は、長引いた戦闘に嫌気がさしてFGOを投げ出し、みじめなじんせいを送ることになる。

 そこで、味方を強くする鯖もだいじだ。メキシコの悪漢を倒すには、バフ(味方を強くする)スキルを持った鯖でフレンドを強化し、フレンドをバンデラスにする必要がある。

 具体的には、「カリスマ」のような全体攻撃力バフスキルを持っているカエサル(丸いセイバー)やアレキサンダー(育つと物理的にすごくなる)、ティーチ(黒髭)、子ギル(子ども)、ダビデ(またダビデだ)などが該当する。

 ややとくしゅだが、アンデルセン(声が子安のショタ)の宝具も役に立つ。バフがかかるかは運次第なので、神か同じ声のファラオに祈れ。

 他にも、「カード性能アップ」や「宝具威力アップ」などを持っているサーヴァントはたくさんいるが、俺はお前のママではないので、いちいち上げることはしない。

 ただ、ひとつだけ言っておくと、FGOではバフの倍率が同じなら、違う種類のバフ(たとえば「攻撃力バフ」と「カード性能バフ」は違う種類だ)を重ねたほうが、ダメージが増えるという仕様になっているらしい。そのへんを考えると、敵を高速ショットガン殺することができるようになる。

 

 俺がいいたいことは以上だ。ここに書いたのははじめの方の戦略なので、霊基再臨やスキル上げについては詳しくはふれていない。どうせ素材をあつめられないからだ。

 それから、実際に戦場に立った後のことについては、これを見てくれ。

【再掲】Fateぐだぐだお得テクニック! | Fate/Grand Order 公式サイト

 以上だ。俺は、次なるメキシコでお前を待っている。