読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

考えるタケノコのブロゴ

世界的ムーヴメントを引き起こしつつあるTwitter小説ニンジャスレイヤーを世に広めつつニンジャ真実に迫り、ついでに1000DHNJSPをゲットするブログス

俺は今までのメキシコを振り返る

 よく来たな。俺は、ジョン=スパイラル・グッドスターだ。今日は、ざんねんだが特に目新しい話はない。その代わり俺は、今までの記事とかを振り返る。前回の記事で「あと2回」と言ったが、今回はそうしゅうへんでカウント外なので、あんしんしていい。

 

 俺がメキシコについて知ったのは、ミスター・逆噴射聡一郎の記事だ。ミスター・逆噴射聡一郎はニンジャスレイヤーという小説をほんやくしているチームの友だちのコラムニストで、ドリトスを食べたてドンタコスを燃やしてバンデラスの話とかをしているタフガイだ。

 俺とは赤の他人だが、最初に俺は彼の文章を読んだとき(ドリトスかクナイの話だった)、衝撃が走った。なんてスゴイ文章なんだ。俺は、この力が欲しい。そう思った。それはあの日、親のお下がりのノートPCでキノコ・ナスのゲームをプレイした時と言わば同じ衝撃だった。

 その時から俺は、世界がメキシコであると気付いた。そして、文章力を磨いた。

 結果として、俺はこの文体を身に着けた。ついでに小説の賞とかも取ったが、その話は今はいい。だが、この文体は所詮コピーだ。ミスター・逆噴射聡一郎の文体を複写して、誰にでも使えるよう調整したものだ。FGOの連載が終わった後、俺はこの文体についての記事も書くかもしれない。

 俺が使う文体を、俺は「逆噴射マイルド」と勝手に名付けている。これは、言わば擬似的なメキシコ……つまりは、合成化学メキシコだ。そしてこれは、誰にでも使える、ただの技術だ。

 

 俺がFGOを始めたのは、2015年8がつ9日のことだ。この頃のFGOは、今とはまったく別物だった。俺達はバーサーカーで敵を殴るのが正義だと思っていたし、バスターブレイブチェイン以外にきょうみは無かった。回避や無敵スキルを持っていないヤツは雑魚だと思っていたし、ジャンヌ・ダルクは神だった。そして、ナチョス屋の親父はまだ開業すらしていなかった。

 

 それから、1年半が過ぎた。その間、FGOでは色々なことがあった。2人しか居なかったアーサー王も、今では野球ができるくらいにまで増えた。そして俺は、ある日気付いた。FGOは、メキシコなのだと。

 

 そして、この記事が生まれた。

kantake.hatenablog.com

 きほん的には、この記事にはFGO初期に必要なことが概ね詰まっている。だから、俺は続きは書かないつもりだった。

 しかし、フレンドについては不足だと思ったので、次の記事を書き。

kantake.hatenablog.com

 サーヴァントの運用法について不足だと思ったので、確実に手に入るダビデについて付け足し。

kantake.hatenablog.com

 そしてイベントについて触れ忘れたので、もう一本記事を書いた。

kantake.hatenablog.com

 俺は最初は、FGOとニンジャスレイヤーの両方を知っている奴らが見て、クスっと笑えればいいと思っていた(じつはFGOのコアプレイヤーにはニンジャヘッズがたくさん紛れ込んでいる)。それだけのブロゴ記事のはずだった。しかし、記事のリツイートンは思いの外伸び続けた。「ニンジャスレイヤーには三億人読者が居るからこういうこともあるさ」と鷹揚に構えていた俺も、だんだん放っておけなくなった。

 そして、俺がTwitterで調べていくと、どうもオリジナルの逆噴射文体を知らないFGOプレイヤーが記事を呼んでいることを知った。普段月間1000PVくらいの俺のブロゴは、時々だがかなり高い数字になりはじめていた。

 

 「もう二本だけ」そのつもりで、俺はアンデルセンとゲオルギウスの紹介記事を書くつもりだった。ブロゴの紹介ツイートがバズったので、3月7日の俺のブロゴのPVはもはやよくわからない桁にまでブッ飛んだ。

 ……そして、よりによってそのタイミングで。この記事がとうかされた。

diehardtales.com

 これは言わば、モノマネをしている時に後ろから本人が出てきたような状況だ。「いまさら後には退けない」。俺はそう思った。

 そこから先は、サーヴァント紹介記事をひたすら書いてきた。しかし、俺は別に本業を抱えている。そして、ウェブ小説の連載も抱えている。ここ二週間のスケジュールは、詳しくは書けないが、そうとうヤバいことになっていた。しかしおかげで、俺のテキスト生産のうりょくはかなり向上した。

 スケジュールとクオリティを天秤にかけて、俺はこの記事連載を一度終わらせることにした。

 

 ものごとには、いつかは終わりが来る。このブロゴで毎日のようにやっているFGOの紹介はあと2回で終わりの予定だが、多分サーヴァント紹介とかはその後も不定期にやると思う。このブロゴの記事をリライトしてFGOのウスイホオンを作るという話も、あったりなかったりする。

 

 俺が、この記事で言いたかったことは、ただひとつ。「ありがとう」その五文字だけだ。

エウリュアレはバンデラス・キラーだ

 よく来たな、俺はジョン=スパイラル・グッドスターだ。お前は恐らくまだ本能寺ポイントを集めていると思うが、今日俺が話すのは、メキシコを救うことに行き詰まっているお前にかんすることだ。

 

 フレンドバンデラスと、サポート用のサーヴァントやブシェミの組み合わせで、恐らくお前は第五メキシコを救うことは出来たと思う。だが、その次に待ち構えているのは、真なるメキシコだ。

 第六メキシコ、エルサレム……磔刑の後に復活した男が、魚とかを投げてゾンビと戦う、約束の地……お前は、この場所がどこかわからずSiriに聞いたり、スマッホで調べたりしようとする。だが、そんなことをせずとも、あのダビデの出身地の隣町だと聞けば、お前はこの地が今までに無い過酷なメキシコであることを瞬時に理解するだろう。

 しかし、今回俺がするのは里帰りするダビデの話ではない。緑のフードを被った、有能だがしょうしん者のサボタイの話でもない。タフなベイブの……とある女神の話だ。

 

 俺は今まで、星3サーヴァントの話を殆どしてこなかった。そして何より、女性サーヴァントの話を全くしてこなかった(前回の牛若丸は史実では男だ)。

 何故か。星3サーヴァントは、手に入れるのが大変だからだ。お前がドリトスガチャを溶けるほど回していれば、副産物で手にはいるかもしれないが。そうでない場合……コネポイントでまわすガチャからは、星3はほとんど出ない。

 そして、星3以下のサーヴァントは、おおむねタフガイばかりだから、俺の紹介するサーヴァントも偏った。それだけのことだ。

 

 しかし、今回はとくべつだ。

 

 俺が今回触れるのは、星3のアーチャー、エウリュアレだ。

 

 f:id:dddrill:20170317124319p:plain

 第三メキシコ湾でストーリーに登場した彼女を、お前は知っているだろう。しかし、お前のカルデアでの出番がほんかく的に来るのは少し先だ。

 彼女は、第六メキシコで詰まったお前にとって、正にすくいの女神となってくれるだろう。具体的には、セイバー・バンデラス・キラーとしてかつやくする。

 

 俺はネタバレはあまりしないが、第六章にはふざけた能力を持った騎士が出てくる。聖なる手りゅう弾とか、そういう類のモンティ・パイソンみたいなやつだ。もし、そういうヤツが3つかぞえないうちにグレネードを投げてくるようなら、ハラペーニョバーを長押しすると使っているチートの内容が見られる。ついでにバフ・デバフの内容が見られる。お前はもう知っているかもしれないが、俺はわりと最近まで知らなかったので、念のためここに書いておく。

 

 しかし、騎士のほとんどはセイバーで、ある共通点がある。なので、エウリュアレがすさまじくよく効く。その秘密は、彼女の宝具だ。エウリュアレの宝具は、男性……つまり、バンデラス特効なのだ。

 

 俺は、これからエウリュアレの使い方を書いていく。但し、このベイブが役に立つのは、主にボス戦なので、お前はパーティーを辿り着き、既にボスまで辿り着いたものとする。そして、エウリュアレの運用は「どう宝具を撃つか」にかかっている。

 まずボス戦2ターン目あたりで使うのは、第一スキル「吸血」……これは一見チャージ減少スキルに見えるかもしれないが、実は偽装ナチョス釜だ。こいつは、ナチョス屋の親父から通販しなくても、自家製ナチョスを作れるのだ。こちらがスキルの本体なので、チャージ減少のことは忘れて、出撃時に真っ先に使ってしまってもいい。

 その後は適当にアーツチェインとか3rdAとかしながらナチョスを溜めていく。サポートにアマデウスを付けるのも手だが、そこまでしなくてもナチョスを貯めることはできるだろう。

 

 そして、もし先に敵のチャージが溜まったら、第二スキル「魅惑の美声」を使う。これも異性……つまりバンデラス属性の敵一体を1ターン「魅了」し、攻撃を遅らせることができる強力なスキルだ。具体的には、騎士とかそのへんに通じる。スプリガンはダニートレホなので通じないし、女サーヴァントやアマゾネスは女バンデラスなので通じない。気を付けることだ。

 ところで、何故このタイミングで使うかといえば、FGOの敵は「魅了」された状態でも宝具チャージが増えるからだ。だから、相手のチャージが満タンの状態で「魅了」使うと、チャージを1つ無駄にさせることができる。

 ……そして、何より気を付ける必要があるのが、100ナチョス先に溜まった場合だ。実はエウリュアレの宝具には、第二スキルと同じ「対バンデラス魅了」が高い確率で付く。どうしても敵の行動を封じたい場合を除いて、第二スキルと宝具を同じターンに使うと、効果が無駄になるので気をつけろ。

 

 言い忘れたが、第三スキルは、自身のアーツ強化……つまり、実質的な宝具強化スキルだ。3ターン持続なので、「ナチョスが少し足りない……でも吸血は使ってしまった……」みたいなどうしようもない状況に陥った場合、ナチョスの足しにすることもできる。エウリュアレをアタッカーに据えるなら、確実に恩恵が得られるタフなスキルなのだ。

 

 見て分かる通り、エウリュアレは第二スキルと宝具は相手がバンデラス性でなければ通じない。つまり、織田信長のように、宝具やスキルの特攻が通るか通らないかで強さがかなり変動する。つまり、敵を選ぶ必要があるサーヴァントだ。

 しかし、エウリュアレの場合はバンデラスという極めて大雑把な括りで、しかも第六メキシコには男性のセイバー・バンデラスが沢山出てくる。それが彼女が輝く理由だ。

 付け加えるなら、人類の半分はバンデラスなので、彼女の宝具やスキルは第六メキシコ以外でも使い道がある。相性が等倍でも対バンデラス戦ならば割と火力が出るのだ。

 

  但し、やはり多少クセがあるので、ステータスは念入りに上げておけ。育成順序としては、メインアタッカーで一番最初に育てる、くらいのつもりでいろ。それから、適当に育てた里帰りダビデ(多分心臓とかが足りないので育てきれないだろう)を並べると安定する。ダビデは本当に頼りになるヤツだ。

  エウリュアレは、全体としては、かなりレベルを上げないと機能しづらいが、完全体ならば星5すら凌駕する性能を発揮することがある。そういうタイプのサーヴァントだ。

 

 念のために書いておくが、俺は決して「エウリュアレを育てなければ第六メキシコを越えられない」などというふざけたことを言うつもりはない。お前が育てるのは、緑の森のサボタイでもいいし、ダビデでもいい。なんなら、ノッブでもいいだろう。フレンドのオリオンとかでゴリ押すことも、不可能ではない。

 お前のメキシコには、お前のドラマがある。俺はただ、方法の一つを紹介しただけだ。

 

 第六メキシコより先の戦いは、本当に厳しい。準備を十ニ分に整えた筈のマスターですら、大いに苦しめられた真のメキシコだ。お前がクリアを急ぐなら、時には令呪やドリトスを使う必要もあるだろう。そして時には、諦めそうになることもあるだろう。そういうときは、FGOから距離を取ることも必要かもしれない。

 だが、ストーリーのメキシコをクリアできるのは、一度だけだ。それを「一度でこの苦しみが終わる」と思うか、「一度しか楽しめない」と思うかはお前次第だ。俺は、できれば後者であって欲しいと願う。

 

 決して、諦めるな。俺が今回言いたいことは、それだけだ。

 

 ……これで、俺は基本7クラスのうち、6クラスのサーヴァントを紹介した。この連載も、あと2回でひとまずおわりだ。

お前が牛若丸について考えること

 よく来たな。俺は、ジョン=スパイラル・グッドスターだ。俺はすさまじい量の本能寺ポイントを稼いでいるが、誰にも分けるつもりはない。そもそも、そういうシステムはじっそうされていない。タフになれ。

 

 そして俺は、本能寺ポイントを集めるために燃え盛るメキシコを駆けながら、今までのブロッゴの記事を見返した。すると一人、まだきじを書くべきなのに書いていないサーヴァントがいることに気付いた。それは、星3のライダー、牛若丸だ。余談だが、本能寺イベントでとっこうサーヴァントにも選ばれている。

 

f:id:dddrill:20170316210907p:plain

 

 ちなみに、何故書いていなかったかというと、俺のカルデアには他にもライダーが沢山居るからだ。メキシコの海を荒らす髭のかいぞくや、トナカイに乗ったサンタ・ムエルテ……そして、メキシコの大地を照らすルチャの女神……そういう奴らの中に、いつしか牛若丸はうもれてしまっていた。

 だが、かつてまだ、俺のカルデアが弱かった頃。メキシコを生き抜く力となってくれたのは、間違いなくコイツだった。しかし、俺は恩知らずにもそれを忘れていた。俺はメインバンデラスの話をするとき、真っ先にこいつの名前を挙げるべきだった。

だから俺は、今回牛若丸のかいせつをする。そういうことだ。

 

 牛若丸というのは、日本でゆうめいなふりょうで、日本固有のフェアリーである天狗とも関わりの深いじんぶつだ。しかし、FGOでは、恐らくメキシコどうぶつえんから逃げ出したタヌキが化けている。だからジェットパックでロケッティアめいて空を飛んだりはしない。代わりに、船上を跳ねる。そして、服というもののがいねんについて理解していない。

 牛若丸本体はかなり思いやりがなさそうな性格をしているが、タヌキはとても情け深いどうぶつだ。雄雌のつがいを作り、死ぬまでずっと行動をともにすると言われている。

 そのせいかは知らないが、牛若丸のスキルにはメキシコらしからぬ思いやりが感じられる。第一スキル「天狗の兵法」や、第二スキル「カリスマ」……これはどちらも、味方にも効くスキルだ。しかも、使用タイミングをあまり選ばない。天狗はNP(ナチョスポイント)かくとく量を増やし(ノッブの戦略と同じスキルだ)、カリスマはいい加減聞きあきたと思うが、火力を上げて味方をバンデラスにするスキルだ。

 もちろん、「天狗の兵法」はアーツ・クリティカル・オーバーキル(アマデウス回を参照せよ)などと組み合わせると有効なのは言うまでもないことだ。とにかく、牛若丸はバフはっせいそうちとしても使えるようになるので無駄がないことをお前は理解した。

 ちなみに、第三スキルはとても手間がかかるが、回避によって低めのHP(ハラペーニョ)を補うこともできるけんじつな存在だ(スター発生率UPは忘れていい)。気軽には使えないが、あると便利というエリクサーめいた距離感と言えるだろう。

 

 次に、俺は牛若丸最大の強みである宝具の話をする……のだが。俺はその前に、今まで避けていたヒット数のはなしをしなくてはならない。

 ヒット数というのは、映画のヒット作に似ている。ようするに、プロデューサーとかひょうろん家とかを痛めつける回数のことだ。一度に身包みを剥ぐのは、あまりかしこいやり方ではない。相手が逃げるリスクが高まるからだ。しかし、ひょうろん家を小刻みにシェイクしながらこうげきすることで、お前はたくさんのナチョスやスターを得ることが出来る。なので、「ナチョス獲得量UP(天狗の兵法とかだ)」「スター発生率UP」のようなスキルは、実はヒット数が大きくなるほど効果が大きい。

 このヒット数は、サーヴァントごとに決まっている。A、B、Qとエクストラアタック(ブレイブチェインで出る)、宝具にそれぞれ決まっているのだ。とくにエクストラアタックや宝具は(出せれば)ヒット数がたくさんなことが多い。

 例えば、カエサルの宝具は10ヒットもする。これだけヒットが出れば、こいつはもうかなり左団扇なので六本木HILLSとかに移住し会員制メールマガジンや、かいこ録の印税とかで食べていくのだろう(多分ガリア戦記だと思う)。Q属性なので、正にスターだ。織田信長も宝具は10ヒットだが、バスターなのでスターはそこまで出ない。

 しかし、星4や星5のハリウッドでは、更に上がいる。例えば、あくまできょくたんな例だが、ちょっとBBQするだけで21ヒットするランサーの女バンデラスとか、23ヒットするアーチャーの金ピカバンデラスとかがいる。こういうところでは、レアリティによる差が如実にあらわれるのだ。これが、俺が今までヒット数のはなしを避けてきた理由だ。

 上には上がいる。お前はそのことを忘れるべきではない。但し、だからといってぜつぼうしてはいけない。俺も、お前もだ。

 

 話をもどす。ハリウッドスターや織田信長カエサルと違って、牛若丸の宝具は1hitしかしない。強力だが、これは言わば対戦車ライフルで相手を撃ち抜くようなもので、残念ながらナチョスやスターは期待できない。しかし、その分ダメージがすごくでかい。あと、強化クエストをすれば、更にすごくなる。

 この宝具ダメージこそが牛若丸のすごいところだ。具体的には、ゲームテキストに「超強力な攻撃」と書かれるほどだ。これは、「やや強力」や「とても強力」よりも強いことを意味している。牛若丸は、更に「超強力」の中でも強い方だ。おまけにスターが出る。

 こういうふんわりした言い方が嫌いなら、レベルMAXで、強化クエストをして「カリスマ」をかけた状態で、クラス相性のない敵に5万くらいはダメージが出る、と俺は言う。キャスター相手なら10万以上だし、バフを盛れば更に増える。

 アーツカードが少ないのでナチョスが少し溜めづらいのが悩みのタネだが、代わりにクイックチェインがしやすいので、その辺を補えば、こいつはメキシコの野生でたくましく生きていけるだろう。

 

 これで、俺の言いたいことは終わりだ。今回言いたいことは2つ。牛若丸はメインバンデラスになれる。ヒット数が多いサーヴァントは強い。そして、タヌキは情けぶかい生き物だということだ。

 以上だ。

 

(21:51ついき)

 俺は、肝心なことを書き忘れた。牛若丸は、他にメインバンデラスが居る場合でも、2Waveデーモン抹殺そうちとして機能する。そのばあいは、ポートレート爺のようなナチョス礼装を付けてやるといい。

お前は、イベントで本能寺を燃やす

 よく来たな、俺はジョン=スパイラル・グッドスターだ。時間がないので俺は前置きを省略して、今日はFGOのイベント「ぐだぐだ本能寺」について話す。

 すでに俺は、前にイベントの話をした。

kantake.hatenablog.com

 だが、敢えてもう一度する。今回はゲーム・オブ・スローンズ抜きだ。なぜなら、お前は既にhuluとかで見た筈だからだ。

 

 やることは、単純だ。順番に追っていく。

①ドリトスを買ってガチャをまわす。

 お前は、そろそろ俺がうんえいの回し者なのかと訝るかもしれないが、少しでもガチャをまわす気があるなら、真っ先に回したほうがいい。なぜなら、イベント特効礼装を手に入れるのは、早ければ早いほどいいからだ。イベント礼装は銃と同じだ。メキシコの路上に丸腰で出ていくことはない。

 あと、今回ピックアップの沖田総司はかなり強い。そのうち解説を書くかもしれない。

 f:id:dddrill:20170315225439p:plain

 

②パーティーを組んでクエストをまわす。

 こんかいのイベントでは特効サーヴァントというものが存在するが、クラス相性を無視して詰め込む程ではない。逆に戦闘に時間がかかるようになって、効率が悪くなるからだ。欲張りすぎたお前は、メキシカンマフィアのかっこうのじきになる。メキシカンマフィアは茶釜を抱えてお前めがけて突っ込んでくる。

 だから、欲張りすぎるな。控えに「織田信長」を詰め込んでおけば十分だろう(追記:但し「ぐだぐだ黄金天国」だけは例外だ。特効サーヴァントを目一杯詰め込んでいい)。

 イベント礼装についても同じだ。今回のイベント礼装は、かなり強い効果のものが多いが、同じ理由で無理をしてまで積む必要はない。手に合わない銃は、却ってお前の寿命を縮めることになる。

 

③礼装を交換する

 俺は前回、「織田信長」の再臨アイテムをプッシュしたが、イベントアイテムの交換は「ぐだお」礼装が一番最初だ。コイツは、銃の中でもギターケースから出てきたりする、とびきりのやつだ。

 今回のイベントは、「本能寺ポイント」という謎のポイントをいかに貯めるかがじゅうようだからだ。そのためには、ASAPで「ぐだお」を手に入れ、一日一回の「ぐだぐだ黄金天国」を効率よくまわす必要がある。

 但し、「ぐだぐだ黄金天国」の本能寺ポイントは、後半になるとクイズ番組の得点めいて増加していくため、最初のうちはそこまで気にしなくてもいいかもしれない。

 

④メキシコめいたドクロを交換する

 織田信長の再臨アイテムだ。重要性は前に説明した通りだ。俺はお前のママではないので、いちいち解説しない。

 

⑤「ぐだぐだ茶器集め」を周回する。

 ぐだおとメキシコドクロを交換した後も、お前は茶器を集めねばならない九十九髪茄子(マッシュルームとは関係ない。茶色くて丸いしいたけだ)は初級。曜変天目茶碗(青いボウルみたいなやつだ。最近新しいのが出た)は中級。平蜘蛛(UFOめいた茶釜だ。ばくはつする)は地獄あたりで集めるのがいい。

 但し、丸いしいたけについては、初級で集めるとお前はせいしんを病むかのうせいがあるので、地獄で集めたほうがいい。

 後半になると「地獄変」というメキシコがどんどん出てくるので、もしも時間が取れる予定があるなら、アップルを取っておくという手もある。そうでないなら、今一番効率のいいクエストを回せ。特に本能寺ポイントが大事だ。

 後で追加される地獄変の詳しい効率は、Siriとかツイッタに聞け。

 

⑥その他の素材を交換する

 とくに説明はしない。だが、全て取り尽くすつもりで挑んだほうがいい。後から、後悔したくないならばだ。

 

 以上だ。フローチャートするなら、

 ドリトスガチャ→(最低限のクエスト周回)→礼装交換→ドクロ交換→クエスト周回→その他

 という順序になる。だいじなのは、欲張り過ぎないこと。そして、望みうる全てを取り尽くすことだ。ハングリーであれ。だが、引き際を間違えるな。そうすれば、お前はメキシコでも生きてゆける。

 

 お前の検討を祈る。

 

(23:09ついき)

 「ぐだぐだ黄金天国」は、イベント最終章までのストーリーをクリアしなければ挑戦すらできない。ASAPでクリアした方がいい。

俺はブッシャリオンの話をする

 よく来たな、ジョン=スパイラル・グッドスターだ。そして突然だが、俺はこんかいはFGOの話はしない。俺は、メキシコで王の話をさせられ続けるアヴァロン屋台の親父のようになる気はまったくない。

 それに、今日はFGOのメンテがある。つまり、お前はFGOをプレイできないからだ。

 ふだんFGOにいぞんしながらスマッホしているお前は、「アッ、FGOがメンテ!FGOしよう!」などとつい考えてしまい、画面右下の小動物のようにFGOの起動をくりかえしてしまうだろう。

 

 だから、俺はお前がそうならないよう、代わりにスマッホでできることの話をする。

BuriedBornesの話をしようかとも思ったが、既に記事があるのでやめた。代わりに俺がするのは、しょうせつの話だ。

 

 「エッ、小説!?読まない!めんどくさい!」などと、漫画のうのお前は思うかもしれない。実は俺も、ライトノベルを漫画の表紙を小説につけた詐欺だと思っていた時期がある。だから別に、漫画と比べて小説がどうのとか、文学性がどうとか、そういう教育評論家めいたことを言う気はない。そういうやつは、メキシコでは真っ先にジープに跳ねられて死ぬだろう。

 そして、「エッ、小説読まないなんて人生損してる!ていちのう!」などと他人に抜かす奴は、多分もっとたいへんなことになる。俺はぜんりょうなので、その有様をこのブロッゴに記すことはできない。

 小説も、かつては虐げられてきた歴史を持つ。これは事実だ。そして、例えば蛮人コナンの原作は小説だが、映画とは割と別物だ。どのくらい違うかと言えば、コナンは初めて出てきた時は、タルサ・ドゥームではなくクトゥルフモンスターと戦っている(本当の話だ)。

 俺が何が言いたいかと言えば、何をせっしゅするかは、他人にとやかく言われて決めるものではないということだ。お前は色々な物をせっしゅして、心の王国を豊かにしていく。それが、メキシコを生きていくのにひつようなことだと俺は思う。その中の一つとして、しょうせつがあることを、俺はねがうだけだ。

 

 そして、さいきんは色々なWeb小説がある。Web小説のいいところは、書くのが楽なところだ。それが自分にとって何の得があるのか?お前はそう思うだろう。書くのが楽ということは、色々な多様性があるということだ。多様性はメキシコの大地を豊かにする。様々なバンデラスが映画を豊かにするようにだ。

 

 Web小説と聞くと、半可に知っているやつは「HA、知ってるよ。異世界に転生してチートでハーレムするんだ」とかすぐに言い出す。そういう作品もたくさんある。さまざまなチートで、色々なしゅるいの魔王が、レクター博士めいてバリエーションに富んだ殺され方をしている。そして、それがたくさんの奴に読まれていることも事実だ。異世界ファンタジーは、確かにひとつのメキシコだ。俺は、それをしっている。だが、それだけではない。

 ファンタジーだけでWeb小説を語るのは、「デスペラード」だけでバンデラスを語るような行いだ。俺がこれから話すのは、そうでないバンデラスのはなしだ。

 

 最近は、「カクヨム」というWebしょうせつサイトがある。ニコニコ動画とかでニコニコしているお前は、最近変な広告が動画の上にひょうじされることに気付いたかもしれない。その中に、カクヨムへのリンクがある。

 お前は、その中から読みたいしょうせつを探すことができる。だが、それはとても難しい行いだ。だから俺は、今回一つだけ、紹介する。

kakuyomu.jp

 それが、黄昏のブッシャリオンだ。ブッシャリオンは、一言で言うなら、徳が高いメキシコだ。

 この世界では「徳エネルギー」というものが実用化されていて、お前が何か良いことをすると、坊主の頭が光る。たぶんそういうことだったと思う。詳しくは読め。ちなみに俺は、ドリトスエネルギーで動いている。

 

 しかし、愚かにも人類は徳をつかいすぎて、滅びてしまった。ほとんどのじんるいが、ボンズになってしまったのだ。そして、アフター徳カリプス……都市は廃墟に埋もれ、地にはサボテンが生え、世界中がメキシコの砂漠になった。

 この話は、そこから始まる。メキシコになった世界で生きる、タフな男達の物語だ。たぶんメキシコなので、違和感なく読めるだろう。わりと長めなので、暇つぶしにはなる。

 

 そう、ブッシャリオンはわりと長い。それから、すごい話数が多く見えるが、実は一話2000字くらいなので、サクサク読める。2000字というのがどれくらいかというと、一般的なWeb小説の半分くらい(ジョン=スパイラル・グッドスターしらべ)だ。下手をすると、このブロッゴ一回分より少ない。

 だから、読む気になれば、多分読めるのだ。面白ければ続けて読めばいいし、つまらなければ止めたり、別のセクションから読むという手もある。それが、Web小説と付き合うコツだ。

 

 余談だが、ブッシャリオンはTwitterでも連載されている。気に入ったら、そちらを覗いてみてもいいだろう。カクヨムはログという扱いなので、色々な企画とかやっていることもある。

 

 これで、今日のブロゴは以上だ。俺が今回言いたかったのは、何を摂取するかは、自分で決めろ。そして、俺は、「黄昏のブッシャリオン」を勧める。それだけだ。

お前は織田信長を手に入れろ

 よく来たな、俺は、ジョン=スパイラル・グッドスターだ。

 

 幾つかのメキシコを救ったお前は、己のサーヴァントを育て、バンデラスを作り上げようとしているところだろうと思う。そうでないなら、まずメキシコを救え。

 ……しかし、星3以下のサーヴァントしか手元にないお前は、無慈悲なステータス差によってメキシコの大地に散り、AP(アップルポイント)を無慈悲に捧げ続けることになった。

 

 その時。お前の前には、2つの選択肢がある。ひとつは、おとなしくドリトスガチャを回し、新しいサーヴァントを手に入れること。ひとつは、レベル上限を引き上げるとくしゅアイテムを使うこと(そのうち話す)。

 そして、もうひとつの選択について、俺は話すことにする。

 

 12がつ以降にFGOをはじめたお前には馴染みが無いかもしれないが、実はFGOは時々星4サーヴァントをイベントはいふしている。

 「エッ、イベント配布サーヴァント?なんかイベント期間だけ強くて後は微妙」とお前は思うかもしれないが、そんなことは断じて無い。

 

 最初にはいふされたサーヴァントは、エリザベート・バートリー[ハロウィン]だった。俺はこいつがどういう存在なのかあまり考えたくないが、 ケルト……メキシコ……ハラペーニョ……そういったものをごちゃ混ぜにした、チリパウダーのようなものだ。

 f:id:dddrill:20170314174053p:plain

  こいつはとにかく、2しゅるいのスキルでのクリティカルスターの発生がすごい。そして、アーツを三まい持っている。詳細は省くが、お前は、このサーヴァントがメキシコに居るだけで、たくさんのクリティカルスターとアーツを得られる。そういう場に居座る運用に長けているやつだ。概念礼装は、持っているならポージング悪の科学者とかを付けると良い。

 ……但し、弱点もある。火力がそこまで出ない。星4なので弱いわけではないが、敵のタルサ・ドゥームを力強く殴ることにはそこまで向いていない。つまり、広域殲滅型のサブバンデラスだ。クエスト中盤のモヒカンを蹴散らしながら、メインバンデラスにクリティカルスターやAチェインでナチョスを流し込む役目を与えると、とても輝く。

 

 ここまで俺は、ハロザベートについて書いてきたが、お前はこの話を忘れていい。なぜなら、こいつは、恐らくお前の持っていないサーヴァントだからだ。そして、手に入れることもできない。イベント配布サーヴァントの唯一のじゃくてんは、入手期間が限られていることなのだ。

 そう、よく勘違いされがちだが、FGOはじょうじサンバカーニバルしているわけではない。せいぜい月に1かいくらいだ。だから、イベント配布サーヴァントもいつも入手できるわけではない。そして、機を逃せば、二度と手に入らない。気まぐれなFGO運営がイベントを復刻しない限りだ。

 だから、俺は言いたい。イベント配布サーヴァントは、はっきり言って強い。そして、お前が気紛れなドリトスガチャで財産を使い果たすよりも、ずっと確実にメキシコへやってくる。

 そして、この記事ができたてほやほやの時に呼んでいるお前は喜んでいい。3月15日からFGOを始めれば、お前のカルデアに、イベント配布サーヴァントがやってくる。

 

 それは、コイツだ。織田信長だ。お前がけんめいなメキシコのせんしならば、解説コーナーで見たことがあるやつだ。

 f:id:dddrill:20170314174129p:plain

 このイベントでお前は寺を燃やしてポイントをため、焼け跡から逃げ出す奴らを襲って茶器を集め、ついでに地獄めぐりをして更に寺を燃やす。そういうメキシコにふさわしい、ケオスなイベントだ。

 お前は無慈悲なメキシカンマフィアとなり、イベントを周回することになる。そうしなければ、次に身包みを剥がされるのはお前だからだ。

 

 その果てにお前のメキシコにやってくるのが、この織田信長だ。こいつは、サブバンデラスとメインバンデラスの中間のような性能をしている。信長は二種類のほうほうでタルサ・ドゥームやその他の悪漢を力強くなぐりつけることができる。

 

 ひとつは、宝具。ナチョスを溜めて撃つやつだ。しかもこいつは、全体攻撃のゴキゲンなやつなのだ。俺はいまさら、あれこれ解説はしない。但し、「特攻」についてお前は覚えておくべきだ。織田信長の宝具は、騎乗スキル特攻を持っている。つまり、騎乗スキルを持っているタイプのバンデラス(マスク・オブ・ゾロとか)に対しては、ダメージが増えるのだ。

 信長はアーチャーで、相性のいいセイバーを倒すのによく使われる。そして、セイバーというのはだいたい「マスク・オブ・ゾロ」みたいな連中なので、トルネードとかに乗っている。つまり、騎乗スキルがあるので、この特攻が効きやすい。もちろんライダーに使ってもいい。

しかも、この宝具の場合は、騎乗スキル相手では、オーバーチャージで威力が増える。

 但し残念なことに、あのダニートレホとかいうスプリガンは、騎乗は持っていない。


 余談だが、信長は第2スキルで「神性」特攻も追加できる。こちらはオーバーチャージで威力は増えない(ONとoffしかない)が、効果範囲が広いタフなやつなので重ねて使って損はない。


 そして、信長の二番目の武器は、火縄銃ではなく、クリティカルだ。第三スキル「天下布武」を自分のターンに使うと、信長はバンデラスする。「エッ、星4の第三スキル……?再臨無理だから帰ってパラッパラッパーしよ……」とお前は思うかもしれないが、信長の再臨については実はとても楽なので、俺は第三スキルの話もする。星4から逃げるな。

 それから、クリティカル時に第一スキル「戦略(軍略ではない)」を使うと、ナチョスも少しおまけしてくれるのでおすすめだ。


 ……しかし、クリティカルにはクリティカルスターがひつようだ。そして、織田信長は……実は、自分でクリティカルスターを稼ぐ力をあまり持っていない。

  そして付け加えるなら、自分が生き延びるためのスキルも宝具も、こいつは全く持っていない。

 そう、こいつもカエサルだ。最後にはブルータスされる運命にあるのだ。但し、星4なので少しだけ丈夫だ。

 

 織田信長は、決して弱くない。但し、かんぜんに運用するにはサルとかブシェミめいたしもべが必要だ。

 必要なのは、第一に生き延びさせること。次に、クリティカルスターをきょうきゅうすること(ナチョスについては、クリティカルしていれば勝手に溜まる)だ。

 

 信長をブルータスされないようにするためには、お前は今までに教えたようなことをすればよい。

 だが、俺は、今までよくよく考えるとクリティカルスターを供給する話を殆どしてこなかった。俺はお前のママではないからだ。

 しかし幸い、信長はアーチャーだ。クラスで言えば、かなりクリティカルスターを集めやすい。おまけに、「天下布武」で更にスターが集まるので、必要なスターは最小限だ。クリティカル系のアタッカーの中では、かなり扱いやすいバンデラスと言えるだろう。


 Qカードは、だいたいアサシンとかが3枚持っているので、お前はパーティーに組み込んだアサシンのサル(サルではないアサシンもいるのでちゅういしろ)に草履を暖めさせ、スターをカツアゲし、信長クリティカルさせることができる。

 ダメージを犠牲にした厳しい戦いだ。だが、もしお前が運よく決めポーズかがく者(スター版のポートレート爺だ)を持っていれば、お前はこのような不毛なスター・ウォーズに終止符をうつこともできる。




 これで、俺の信長についての話は終わりだ。さいきん記事がたいくつになってきたから、最後まで読み飛ばすヤツもいるだろう。

 それはいい。それでも、ここだけは読んでおけ。織田信長の再臨についてだ。

 織田信長は、再臨のためにメキシコめいたドクロをようきゅうする。それで酒盛りとかする。メキシコでは時々見られるこうけいだ。

 だが、逆に言えばそれだけだ。お前がイベントに臨んだとき、メキシコめいたドクロは、かならず集めておいた方がいい。何よりも優先してだ。そうしないと、お前は信長を育てきることが決してできない。決してだ。


 俺の話はこれで終わりだ。信長は、強い。サルがいれば、もっと強い。そして、メキシコめいたドクロは、かならず集めろ。

 俺が言いたいことは、いじょうだ。

俺はセイバーを育てメキシコを救ったに過ぎない

 よく来たな。俺は、ジョン=スパイラル・グッドスターだ。

 俺は、昨日、新しい味のドリトスを探しに出かけた。だが、驚くべきことに……コンビニには、ドリトスが置いていなかった。存在したのは、あの紛らわしいドンタコスだけだった。そして、スーパーマーケットにあったのも、メキシカンタコスだけだった。しかも増量されていないやつだ。

 この世界に、一体何が起こっているのか。それは紛れもないドリトスの危機だ。

 俺は世界の……そして、メキシコの危機を感じた。そう、俺の、そしてお前達のグランドオーダーは、未だ終わっていない。そのことを実感した。

 だから俺は、再びメキシコのジャングルに舞い戻った。己をきたえ直し、そして、タフな男達のかいせつをすることに決めたのだ。

 

 だが、俺が語るべきことは、既に残り少ない。

 俺は今まで、きほん的にフレンドのサーヴァントをバンデラスにする方法を書いてきた。ゲオルギウスやマシュやダビデで、バンデラスを護り……アンデルセンやティーチ(黒ひげ)、アンデルセンダビデなどでフレンドをバンデラスする。そして、種火を集め、イベントで概念礼装や素材を根こそぎ奪い尽くす……更に、もしもの時はドリトスを食べる。

 お前はそれで、第五章……つまり、アメリカのメキシコまではなんとかたどり着けるだろう。だが、その先でお前は真なるメキシコに出会う。

 お前は、フレンドにいつまでも守り育てられるキッズではいられない。もはや、フレンドのバンデラスだけで戦っていくことは、むずかしくなる(不可能ではない)。そして、お前はいつしか、フレンドのサーヴァントではなく、シナリオサポートを使いたいと思うようになるだろう。わりと茨の道だ。

 だがそうなった時、お前はただのキッズではなく、父親のバンデラスを人質にとられたキッズになる。つまりスパイ・キッズだ。そうなったら、お前は決断的に、自分のサーヴァントと向き合わねばいけなくなってくる。お前は知恵を尽くし、様々なツールを使って、じぶんのサーヴァントを育てねばならなくなる。

 

 お前が首尾よく父親のバンデラスを救出した後も、戦いは続く。2とか3Dとか出る。俺には4Dがなんなのかいまだによくわからない。お前は父親のバンデラスといっしょに、蛮人コナンやブシェミ(途中で死ぬ)を並べ、メキシコで肩を並べて世界を救うために戦う。

 そもそも、FGOそういうゲームだったはずだ。つまりは、ブシェミ以外ほとんどエクスペンダブルズだ。

 

 つまり、お前は、お前だけのバンデラスを育てなければいけない。それは、フレンドのバンデラスと肩を並べるためだ。とうとうバンデラスが二人になったが、そういう細かいことを気にするやつはメキシコでは生きていけない。砂ぼこりが詰まった窓サッシとかをえいえんに掃除し続けることになる。

 とにかく、これは実はかなり厳しい道のりだ。

 

 FGOには、クラス相性というものがある。例えば、一見むてきに近いナチョス屋の親父も、台詞の長いファラオの前ではスフィンクスとピラミッドの餌になることがある。

 これは、ナチョス屋の親父はキャスターで、ファラオはライダーだからだ。この場合、ライダーはキャスターに対しダメージが二倍、被ダメージが0.5倍……つまり、単純計算で四ばいつよくなるのだ。マシュやバーサーカーなど、例外もいくらか居るが、きほん的にはどのサーヴァントも得意な相手と苦手な相手を持っている。

 

 だからお前は最終的に、各クラスにそれぞれバンデラスを育てなくてはならないのだ。お前は相性とか面倒だからとバーサーカーを育てようとするかもしれないが、ドリトスを食べることを前提にするなら、それも確かにアリではある。バーサーカーは全ての相手の弱点を取れるが、その攻撃は二倍ではなく1.5倍。そして、ダメージはどの相手からも2ばい受ける(例外はある)。

 クラス相性が無いじょうたいを1バンデラスとしたとき、たんじゅん計算で有利クラスのサーヴァントは2×(1/0.5)=4バンデラスになり、バーサーカーは1.5×(1/2)=0.75バンデラスになる。マシュは常に1バンデラスだ。

 実際には、バーサーカーはもとのこうげき力が多いので、どの相手でもバスターし続ければ1バンデラス以上のせいのうを発揮できる。そして、自分が斃れる前に敵を倒せば、みかけ上は少なくとも、1.5バンデラスだ。

 しかし、敵が強くなってくると、お前のバーサーカーは無慈悲にクリティカルされてメキシコで死ぬことになるだろう。だから、お前は1.5バンデラスを捨てて、4バンデラスしなければならなくなるはずだ。

 

 次に問題なのは、問題なのはどのサーヴァントを育てるかだ。

 ずっと前にも言ったが、金色のやつが居るなら、無条件でそいつを育てろ。しかし、居ないことも多い。今の俺には、ドリトスでガチャを回せと言うことはできない。だから俺は、そうでない場合をもんだいにする。つまり、星3以下の話をする。

 

 例えば、アーチャーというクラスなどはかなり星3のバンデラスが多い。前に紹介したダビデも、じつはバンデラス候補生だ。しょうじき、アーチャーはどれを育ててもバンデラスになる。他のクラスでも、強いヤツはけっこう居る。

 

 ……しかし、その一方で、セイバーというクラスは、むずかしい。なぜなら、そもそも数が少ないからだ。コネポガチャから出る星3以下のセイバーは、俺の知る限りたったの4人しか居ない。おまけに全員星3なのでほとんど出ない。そのうち一人は、第六メキシコをクリアするまでアンロックすらされない。

  しかも、しかもだ。お前は、南米にうちたてたられた独裁政権……メキシコのジャングル……荒れ狂うシーライフからの使者……そういったものと戦うために、ほとんどかならずセイバーをよういしなくてはならないのだ。

 ひじょうにひつようなのに、ほとんど居ないクラスなのだ。

 

  その中で、俺は一人の男をしょうかいする。ガイウス・ユリウス・カエサル共和制ローマを終わらせた男だ。だから、お前のカルデアのセイバーぶそくも終わらせることができる。

  それから、FGOではやたら丸みを帯びている。俺は、初めてこのカエサルを引いた時、俺の中のカエサルとの違いにショックを受けた。しかし、徐々にこのスフィア(球体)がカエサルであることを理解した。

 俺の中のカエサルは、強いて言うならテレビドラマ「ROME」のカエサルだった。煮ても焼いても食えないやつだ。その点は、FGOのカエサルも共通している。余談だが、このドラマはすごい金がかかったセットを作っていて、あとでこだいローマ人の阿部寛が風呂場でタイムスリップするえいがとかにも使われた。たぶんお前も知っていると思う。

 f:id:dddrill:20170313201614p:plain


 よくよく考えると、カエサルの容貌はあまりきちんとは伝わっていない。というより、正反対の話が伝わっていることもよくある。だが恐らく確かなのは、ハゲの女たらしで、借金がすごいということだ。

 どうもFGOでは腹を出す代わりに月桂冠とかでアデランスしているらしいが、ハゲであることは、今回重要ではない。エクスペンダブルズのうちの何人がハゲているか、こんど数えてみるといい。

 頭髪の話は、メキシコで生きていけるかと一切関係ない。いや、むしろ、FGOのようなメキシコで生きていくには、ジェイソン・ステイサム……ランディ・アクトゥーア……テリー・クルーズ……スティーブ・オースチン……ブルース・ウィリス……そうした男達の力が、ひつよう不可欠と言っても過言ではない。

 

  話を戻す。こいつは、女たらしで、借金がすごい。そして、いくつもの顔がある。例えばそれは、ぐんじんと政治家としての顔だ。こいつは、バフをまいて、フレンドをバンデラスにする。「カリスマ」と「軍略」で軍事的にフレンドをバンデラスにし、そして「扇動」でフレンドを政治的にバンデラスにする。

  そして……実は、このへんのスキルは「扇動」以外はセイバーにはありふれたものだ。星3セイバーのうちの3人が軍略を持っている。カリスマも、星4以上に持っているやつがたくさんいる。カエサルがすごいのは、この2つを同時に持っているところだ。

 だいぶ前にも言ったが、FGOでは違う種類のバフを持っている時、その効果は足し算ではなく掛け算になる。「軍略」の使い所は少し難しいが、「カリスマ」と併用すればかなりバンデラスだ。

 

  こういった複合バフは、わかりやすいカエサルの長所だ。だが、俺は、カエサルにはいくつも顔があると書いた。バンデラスにも、実は色々な顔がある。「デスペラード」で二丁拳銃するバンデラスも、「スパイ・キッズ」では父親だし、「私が、生きる肌」ではサイコ医者だった。

 カエサルは、星3セイバーのメインバンデラスこうほ生でもある。というよりも、他に選択肢があまりないのだ。こいつは自分を売りつけるのが上手い。だから俺はしょうかいしたのだ。

 

 実は、カエサルはセイバーには珍しいクイック型サーヴァントだ。何がクイックかといえば、宝具がクイックなのだ。とはいえダメージはけっこう出るし、クリティカルスターが出る。但し、ナチョスこうりつはあまり良くないので、アタッカーとして運用するならポートレート爺のファミリーとかで底上げするのがいいだろう。

 

 りそう的には、なんとか100ナチョスためて、「軍略」と「カリスマ」(強化クエスト後なら「扇動」もつけてもよい)をかけた宝具でクリティカルスターを出し、それを使って、「カリスマ」「扇動」付きのクリティカルをする……そういう運用になる。

 クリティカルスターはクラスで分け前に傾斜があるので、それを考えるとクリティカルがスムースになる。

 

 だが、それはりそう的な話だ。なぜならコイツは、生き残るためのスキルも、宝具も、一切持っていない。それどころか、扇動のデメリットで自滅にはしろうとすらする。ハラペーニョも少ない。近所にナチョス屋台が出ていない限り、お前のカエサルは宝具を撃つ前に飢えて死ぬことがけっこうある。

 

 そう、俺は言った。こいつは借金がスゴイ。味方からバフとか支援を借りた挙句、すぐ踏み倒そうとする。それでもお前はカエサルを生かさねばならないため、もっとバフをかけることになる。カエサルの破滅はお前の破滅だ。そうしてカエサルをこうりつ的に使おうとするなら、お前はフレンドにするのと同じように、カエサルを守ってやらねばならない。つまり、メインバンデラスとして扱わねばならない。

 いちおう、低レベルのうちはアマデウス型のスキル&ダイ運用もアリだが、きちょうなセイバーをそうして使うのは、大変にもったいない。だから、せいぜい守って戦わせろ。本人は嫌がっているが、有無を云わせるな。ブルータスされないだけマシと言ってやれ。

 

  とにかくお前は、カエサルをアタッカーとして使うことになる。4回再臨し、強化クエストをクリアし、種火をあほほどつぎ込み、いたいけな小動物を腹に詰め込んでハラペーニョとかを増やす。セイバーが他に余っていない限り、そうするのは賢い選択だ。

 

 ……だが、それでも、いつかは限界が来る。それは、ステータスという名の限界だ。即ちこれは金レアのサーヴァントが持つ明確に長所であり、同時にそうでないバンデラスやブシェミが持つ宿命だ。

 お前は、否、俺達は、やがて真なるメキシコの前に打ちのめされる。そしてその先に何があるかの話を、俺は次回あたりにしようと思う。